商品名単価数量
合計0円

カートを見る お会計手続きはこちら

スピノワポリシー安心のいたわり設計について防腐剤の見解とスキンケア成分の選定

〜防腐剤の見解とスキンケア成分の選定〜

「肌に優しいスピノワ化粧品の防腐剤になぜパラベンを使用しているのですか?」といったお声を頂くことがあります。 それは、パラベンを使用していない製品の方が安全だという風潮があるからだと思いますが、果たしてそうなのでしょうか?

スピノワ化粧品は肌のデリケートな方や素肌を大切にされる方々がお使いになっています。
その分、スキンケア成分の選定と防腐剤についても試行錯誤を重ねて今に至っています。

スピノワの[マニエールドゥD(化粧水)]、[マニエールドゥN(化粧水)]、[コルカタライザー(美容液)]に配合する防腐剤でパラベン以外に何があるのか?
これまでに何度となく長年化粧品の製造研究に携わっている関係者の方たちに聞いてきました。 いずれも、異口同音にパラベンが最も信頼でき安心できる防腐剤だという回答でした。

それでは、なぜ【パラベンが悪者扱い】になってしまったのでしょうか?
その理由として、パラベンは厚生労働省が化粧品に対する規定で以前、旧表示指定成分(ごくまれにアレルギーをおこす成分)なので懸念されていたということが挙げられます。

パラベンは、その安全性の高さから様々な分野(食品、飲料、薬品等)で配合されています。 食品にしても、同じものを毎日食べていると、その食品にアレルギーをおこしやすくなるように、多岐に渡って使われていることからパラベンに反応する人がいるかもしれません。
しかし実は、その歴史の古さや実績からも安全性が保証されているのです。

〜結論〜

弊社でも、パラベン以外に防腐剤としてフェノキシエタノールを検討しました。
しかしフェノキシエタノールは抗菌力が弱く4倍以上の量をいれなくては防腐効果が得られないために使用量が多くなり、敏感なお肌の方には刺激になる可能性があるということ。 また若干匂いがでてきてしまうとのことで断念をいたしました。

ただし、[ホイップドソープ1(全身半練石けん)]、[ホイップドソープ2(全身半練石けん)]についてはフェノキシエタノールを使用しています。
それは、チューブ形式で、キャップを下にして立てて置くタイプなので空気に触れる部分が少ないこと、そして、ソープに限っては菌の繁殖検査をしたところ、フェノキシエタノールで問題がなかったという理由からです。

また、フェノキシエタノールは自然界にも存在する成分であり、トロピカルフルーツやチコリ、緑茶に含まれていることから、スキンケア製品と同じコンセプトでつくられている[ワンドロップエッセンスUV(日やけ止め用美容液)]にもフェノキシエタノールを採用しております。

なお、製品の性質(水溶性、油溶性)により使用する防腐成分の有効性がかわってきます。
化粧水や美容液等の水分を多く使用するものには、微量で静菌するメチルバラベン、クリームや乳液等の油分の多いものにはフェノキシエタノールが適していますが、パラベンを使用していないからより肌に安全ということではありません。
その成分にアレルギー反応があるのか?ないのか?という視点で捉えることが大切です。

現在、全成分表示を義務付けられていますが、キャリーオーバーという安定性を保つために、原料の中にすでに使用されている防腐剤があります。 現在、それについては表示しなくも良いことになっています。

しかし、その隠れた成分で肌の弱い方は反応をおこすことがあります。
スピノワでは、そのキャリーオーバー成分も原料調査の上、全成分として表示していますので、ご安心ください。

〜お伝えしたいこと〜

「化粧品を安全にかつ安心な状態でお客様がご使用になること」が最も優先すべきことだと思います。
「〜不使用」ということが安心につながるのか?ということを真摯に考えました。 それより、“なぜこの成分を使用しているのか?”をそのままお伝えすることが安心されるのではないかと感じております。

スピノワのスキンケア製品 [マニエールドゥD(化粧水)]、[マニエールドゥN(化粧水)]、[コルカタライザー(美容液)] に使用しているパラベンは、パラベンの4種類のうち、 もっとも刺激が少なく安全性が高いといわれているメチルパラベンを使用しております。 また、スピノワでは界面活性剤を使用しておりませんので皮膚のバリアゾーンを超えて入っていくことはありません。(そもそも、メチルパラベンは水溶性なので心配はないといえます。)

パラベンが良いというより、今現在、天然・合成を問わずパラベンを上回る防腐成分が見当りません。

創業以来“スキンケアとして夜のお手入れに使用し就寝できる日焼け止め”をつくりたいというのが理想でした。成分を優先すると日焼け止め効果が落ちるといったジレンマを抱えており、長年どうしても実現することができませんでした。

それが紫外線吸収剤をシルクでコーティングした技術の開発で、[ワンドロップエッセンスUV(日やけ止め用美容液)]を発売することができるようになり、肌が敏感で日焼け止めを使えなかった方々に大変喜んで頂いております。 今後、日進月歩の技術で安全でかつ防腐効果がのぞめる成分がでてくることを期待しております。

また弊社も、[オイル スピノワゼ(美容油)]や[パウダリーメーカー(おしろい)]のように、 防腐剤不使用で安全な製品づくりを目指して、今後も鋭意努力を重ねていきたいと思っております。

肌の弱い敏感な方、すでにトラブルを起こしている方は、製品のうたい文句に惹かれがちですが、なぜ、ご自分の肌がこのような状態になっているのか?を知ろうとする想いが大切です。
お肌に寄り添う想いに勝る化粧品はありません。

ディーブ研究所