商品名単価数量
合計0円

カートを見る お会計手続きはこちら

美しい肌の角質は15~20%の水分が含まれています。
その水分量に満たないお肌は、自覚症状としてかゆみがでたり、ツッパリ感を感じます。
肌に限らず水分を失うことは、野菜や果物が水分を失うプロセスと同じ。
パリッとした新鮮さがなくなり、しなびてくるのと同じように“老化”を意味します。
実は、このツッパリ感が出た時点で、すでに肌は敏感になっており、赤み、かゆみ、ブツブツといったトラブルがいつ発生してもおかしくない状態なのです。

ざっくりと、肌の潤いは水分、タンパク質(アミノ酸)、脂質この3つで保たれています。
また肌からでている水分、そして皮脂が混ざり合って天然の皮脂クリームで水分を保っています。

美しい肌の条件をお手入れで満たせば、おのずと肌はトラブルの改善へと向かいます。
それでは、どういうお手入れをしていけばよいのでしょうか?

角質の水分保持

健康な肌の角質は、15~20%の水分を保持していますので、お肌にベストなお手入れとは、この水分を保つためのお手入れにつきます。
では“お肌に水分を与えればいいのでしょうか?”
答えは、×です。

水分だけを与えてしまうと、その水分が蒸発する際に、肌の水分まで一緒に蒸発をしてしまいますので、かならず保湿成分が含まれている必要があります。
ただし、あまり保湿感の強いものはNG。
つけた直後の触った感じ、テクスチャーで錯覚をしてしまい、肌の深部では水分不足をおこしているのに気がつかないからです。
スピノワの日没後用ローションは、シンプルな成分構成で潤いと肌の鎮静を目的とした薬用化粧水。保湿が必要な肌は、朝晩のご使用をおすすめします。

それでは“保湿成分があれば肌の水分が保てるのでしょうか?”
答えは×です。

肌の弱い方は、角質の形成が弱いために、長時間水分を保つことが困難な場合があります。また、肌が薄い方も同じことがいえます。
皮脂が原因の脂漏性皮膚炎の場合も、限られた部位は皮脂分泌が過多で、それ以外の部分は乾燥して肌がごわついているといったケースがよくあります。
そういった場合は、まず、化粧水でしっかり肌に水分を含ませてください。皮脂の分泌が多い時には、取り除くだけではなく、水分を与えることで皮脂をおさえることができます。

オイル(油分)で水分を逃がさない

肌の水分は、環境によって大きく左右されます。空気が乾燥して湿度が低いと肌の水分は奪われてしまうのです。肌の水分の蒸発を防ぐために、オイル製品を一滴使用して肌を薄いオイル フィルム(油分の膜)で覆い、水分を逃さないようにします。 オイルの役割説明

“水分を与えれば肌の水分量が維持できる”といった単純なものではなく、水分を逃がさない条件をお手入れでつくることです。
肌も皮脂と細胞間の脂質が肌の水分量を保つ働きをしているように、お手入れも同じように水分の蒸発を包み込む、天然のオイルが不可欠なのです。

これまで様々な肌トラブルのご相談を数多く頂いてきましたが、例えば過剰な皮脂分泌、湿疹、角質肥厚、皮剥け、常にかゆみがあるといったことも、この方法で肌の水分量が維持できるようになると8割以上が解消されています。

どのようなオイル製品を使えば良いのか?

〜安全性を第一に〜

  • ・時間の経過による酸化や変質がなく安定した構造である

〜その他〜

  • ・皮膚の排泄をさまたげない
  • ・乳化剤や界面活性剤を使用していない
  • ・動植物由来である
  • ・精製度が高く不純物がない

以上の条件を満たしたオイル製品であれば心配ないでしょう。
油分は酸化による変質があります。特に純粋な油で、防腐剤を使用していない場合は、劣化が早いので注意が必要です。

スピノワの美容油・オイル スピノワゼの4つの特徴

スピノワの美容油
オイル スピノワゼの4つの特徴

オイル スピノワゼは上記の条件はもちろんのこと、特筆すべき点は、安定性があり
防腐剤を使わなくても、長期間品質の劣化がないことです。

オイル スピノワゼ他に4つの特徴をもつ美容効果の高い薬用オイルです。

  • ・保湿作用→肌との親和性が高く水分の蒸発を防ぐ
  • ・美肌作用→肌に潤いをあたえ柔軟にする
  • ・抗炎症作用→肌の炎症を抑えて肌荒れを防止
  • ・保護作用→角質層のはがれを防ぐ

ローションでたっぷりと水分を与えた肌に、1滴で充分な効果を発揮
します。

まろやかな美容液のような感触で、殺菌作用そして抜群の酸素透過性のあるオイル スピノワゼは、皮脂分泌の多い方でも安心してお使い頂ける美容オイル。
また、肌荒れや抗炎症がのぞめる薬用オイル(医薬部外品)なので肌トラブルのある方もお使いになれます。

一年を通して、肌質・年齢・性別を問わず、肌の保護と保湿バランスを整えるスキンケアの仕上げに珠玉の一滴を。